顔のエステ探検隊

水蒸気を用いた美顔器の目安となる大きさは…。

皮ふの若さを保持する新陳代謝、言いかえるとお肌を入れ替えることが可能な時間というのは意外な事に限定されており、それは夜中寝る時だけだそうです。

足などの下半身は心臓から離れているため、重力の関わりでリンパ液の循環が悪くなるのが普通だろう。むしろ下半身に起こるむくみは、リンパ液が少し悪くなっていますよというしるしに過ぎないのである。

ネイルケアというものは、手足の爪とその周辺の皮膚のお手入れを指す言葉。美容だけでなく、ヘルスケア、巻き爪処置など皮膚科の医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といったありとあらゆる捉え方があり、もはやネイルケアは確立された分野と言えよう。

よく美容の雑誌や書籍には、顔が小さくなって肌が美しくなり、ダイエットにも良いし、毒素の排出、免疫力アップなどなど、リンパ液の流れを整えれば全てが叶えられる!という華やかな内容の謳い文句が軒を連ねている。

むくむ理由は諸説ありますが、気圧など気候の関連性もあることをご存知でしょうか。30℃を超える気温になって大量の水分を摂り、汗をかく、この時節にこそ浮腫みの原因があるのです

内臓の健康度を数値で測ることのできる特殊な機械があります。『ノイロメーター』という名前を持った機械で、人間の自律神経の状況を数値化して、内臓の状況が把握できるという便利なものです。

最近よく聞くデトックスとは、身体の中に蓄積してしまった様々な毒を排除させることを目的とした健康法でカテゴリーとしては代替医療に分けられている。「取り除く」という意味を持つ「detoxification」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。

美白という考え方は95年から99年頃に美容家で料理研究家の鈴木その子が必要性を唱えてブームになったのは記憶に新しいが、1990年代前半にはメラニンが原因の様々なトラブル対策のタームとして使用されていた。

さらに日々の生活のストレスで、心にも毒は山のごとく蓄積してしまい、同時に体調不良も招く。このような「心身ともに毒だらけ」という感覚が、我々をデトックスに駆り立てている。

軟部組織マニプレーションとは近くの筋肉や骨格により位置が不安定にあってしまった内臓を元々収められていなければいけない場所にもどして内臓の作用を活性化させるという手当です。

健やかな身体に生じるむくみだが、これはむくんで当然。女の人は、夕方の脹脛のむくみを防ぎたがるが、人間なら、下半身がむくんでしまうのは一般的な状態なのだ。

頬やフェイスラインの弛みは老けて見られてしまう原因になります。肌の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の硬化が弛みにつながりますが、実を言えば普段からおこなっているささいな癖も誘因になります。

外見を整えることで精神が活発になって大らかになるのは、顔にトラブルを抱えている人もいない人も同じです。私たちはメイクアップを己の内側から元気を引っ張り出す最良のテクニックだと認識しています。

頭皮は顔のお肌と繋がっており、額までの部分も頭皮に等しいものだと考えることはあまり知られていません。老化に従ってスカルプがたるみ始めると、顔の弛みの主因となります。

今人気の頭皮ケアは別称スカルプケア(scalp care)とも名付けられているお手入れ方法です。頭皮は髪の問題である脱毛や薄毛などに深く関わると同時に、顔の弛みにも影響を及ぼすと考えられています。

関連記事