顔のエステ探検隊

排出されなかった水分と老廃物…。

どうにかしようと考えて自己流のフェイシャルマッサージをする方がいるようですが、特に目の下の皮膚は薄いので、こするように強く圧力を与えるフェイシャルマッサージは良い効果は期待できません。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、肉体的に損傷を負ってしまった人のリハビリテーションに等しく、容姿にダメージをこうむった人が社会復帰への第一歩として覚える手技という意味が含まれています。

20代になってから発生する難治性の“大人のニキビ”の社会人が増えているようだ。10年間こういった大人のニキビに悩み続けている患者さんが評判の良いクリニックにやってくる。

指で押すと返してくる弾むような肌のハリ。これを保持しているのは、みなさんご存知のコラーゲン、すなわち蛋白質です。スプリング役のコラーゲンが正常にお肌を支えていれば、肌はたるみとは無関係でいられます。

動かずに硬直した状況下では血行も悪くなりがちです。最終的には、目の下を筆頭に顔全体の筋繊維の力が低下します。そこで顔中の筋肉もよくストレッチをしてあげて、しばしば緊張をほぐしてあげることが肝要です。

メイクアップの利点:容姿が美しくなる。メイクも礼儀のひとつ。実際の年齢より年上に見てくれる(ただし10代〜20代前半に限ります)。人に与える自分のイメージを気分でチェンジできる。

中でも夜10時〜2時までの240分間は皮膚のゴールデンタイムで、皮膚の新陳代謝が一番活性化します。この240分間によく寝ることが何にも勝るお肌の手入れ方法といえるでしょう。

我々が「デトックス」の虜になってしまう理由の一つは、我々が暮らす環境が汚れていることにある。空気や土壌は汚され、コメや果物などの食物には化学肥料や害虫予防の農薬が多くかかっていると宣伝されているのだから無理もない。

美容外科(Cosmetic Surgery)というものは、身体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、専ら美的感覚に従って身体の外観の向上を重要視する医療の一つで、完全に自立した標榜科だ。

ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、色の濃いシミを短い期間で淡色にするのにとても効果を発揮する治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑・しつこく繰り返すニキビなどに高い効果があります。

デトックスというものは、特別なサプリメントの使用や温泉などで、そのような人体の有害な成分をできるだけ体外へ排出しようとする考え方のことを指している。

美白指向には、90年頃からあっという間に女子高生などに支持を得たガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする奇異な渋谷系ギャルファッションへの批判ともとれる思いが含まれている。

顔の加齢印象を高める主要な元凶のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。歯の表層には、目には見えないデコボコがあり、日々の暮らしの中で黄ばんだ着色や食物カスの汚れが溜まりやすくなります。

気になる目の下のたるみを解消する方法で有効なのは、顔面のストレッチでしょう。顔の筋繊維は無意識下で強張ってしまったり、気持ちに左右される場合がよくあるようです。

美容外科の手術をおこなうことについて、恥だという感情を抱く人も多いようなので、手術を受けた方々の名誉及びプライバシーを損ねないように心配りが重要である。

関連記事